WiFiルーター比較特集

WiFiルーター比較特集

ネット環境の一本化

2013年7月22日 12:24 / カテゴリ:[ Wi-Fiの基礎知識 ]

流行りのモバイルルーターは外出先での快適なインターネットを保障してくれるだけでなく、家庭や職場でも便利に利用することができます。
その利用法はPCやタブレットPC、携帯ゲーム機、スマートフォンといったネット環境が必要なものすべてのモデム代わりとして扱う方法です。

モバイルルーターの種類によって数に違いはありますが、複数のネット端末で利用することができます。
大体10台前後のネット端末で利用することができるのが最近のモバイルルーターの特徴です。
たとえば、父と息子のPC、息子のゲーム機、リビングのネットTV、母のタブレット……と一家分のネットをすべて担うことができますし、会社の規模や部署によってはこのモバイルルーター1台でネット環境を整えることができます。
勿論、これはWi-Fi対応機器でしか利用することができませんが、モバイルルーターの種類によってはUSBの接続端子もついているのでWiFi非対応機種も利用することができます。
このネットデバイスを一本化することによって雑多なケーブル類を一掃することができるので外観が良くなるといったメリットがあります。

また、インターネット回線を一本化することでADSLや光通信といった家・会社のネット回線を一本化することができるということでもあります。
例えば、「家は光回線(約4,422円)を引いていて」「スマートフォンはダブル定額プラン(パケと通信料:約5,355円)」、「パソコンのモバイルルータ通信料(約5,459円)も必要としている」家庭の通信料は約15,236円必要とします。
しかし、大人気のモバイルルーターである楽天スーパーWi-Fiを利用した場合、「光回線は解約し」「スマートフォンはダブル定額の下限に」、「モバイルルータはスーパーWi-Fi」になるのでスマートフォンの下限料金(約2,767円)+楽天スーパーWi-Fiの月額3,980円の約6,647円が月具木の通信料になります。
この差は大きく、年間で考えると約10万円の差が生じることになります。
このようにモバイルルーターを利用することによる節約術は家計を大きく助けます。

モバイルルーターとは

2013年7月22日 11:10 / カテゴリ:[ Wi-Fiの基礎知識 ]

モバイルルーターとは、モバイル回線を介してノートパソコンなどの端末をインターネットに接続するために使う持ち運び可能な小型ルーターのことです。
軽くて、小さくて、外出先でも気軽に快適なネットサーフィンを楽しむためのツールとして、今モバイルルーターの需要が高まっています。
通信会社は勿論、それ以外の会社も続々と参入しており商品の良し悪しの見極めが困難になってきています。
例えば通信料金一つとっても利用する回線によって料金は変わってきますし、接続先が違えば通信速度や対応エリアも当然異なります。
さらに付け加えるならば料金体系が分かりにくいモバイルルーターも存在します。
そのため、どのモバイルルーターの質が良いかを見極めるには事前知識が必要ですし、自分に合ったルーター選びをしないと月額利用料の無駄遣いになってしまいます。
モバイルルーター選びのポイントは以下の通りです。

  • 通信速度
  • 利用料金
  • 対応エリア

つまり、どこよりも早く、どこよりも安く、どこでも使えるモバイルルーターが良いルーターの条件ということです。
勿論、提供しているキャリアごとにサービスに特徴があるので、キャリア選びもおろそかにできません。
モバイルルーター業界の中で最も人気と実績のあるキャリアは、イーモバイルです。
イーモバイルはモバイルルーターのパイオニアなので対応エリアが北は北海道、南は沖縄とかなり広く、海外での利用も難なく行うことができます。
それでいて料金設定も業界屈指の安さなので、学生からサラリーマン、主婦など利用する人を選びません。
しかし、ソフトバンクモバイルやUQ WiMAXのWi-Fiルーターも高い人気があるので、一概にはイーモバイルが良いとは言えません。
ようは自分の目でしっかりとスペックを比較して、モバイルWiFiルーターに何を望んでいるかをはっきりとさせることが必要なのです。

カードサイズのルーター! AtermWM3800R

2013年7月22日 10:57 / カテゴリ:[ Wi-Fiルーター比較 ]

持ち運びが楽々なカードサイズでありながらモバイルルーターの恩恵を大きく受けるスマートフォンと提携することができる画期的なモバイルWi-Fiが登場しました。
その名もAtermWM3800R

このモバイルルーターは超高速回線のLTEと双璧を成す通信速度を誇るスーパーWiMAXを利用できることも特徴的ですが、何よりスマートフォンを便利に使うことができる機能が充実していることが他のモバイルルーターにはない特徴として多くの人から支持されています。

AtermWM3800Rの特徴

●外観
AtermWM3800RのサイズはW89.6×D52×H12.8㎜とシャツやパンツのポケットに入れてもシルエットを崩すことが決してないカードサイズであり、重さも80gとかなり軽量です。
コンパクトサイズなモバイルWi-Fiルーターは数多くありますが、その中でもこのAtermWM3800Rのサイジングはトップクラスで小さくて軽いです。
デザインは黒、白、ピンクと老若男女問わず持てるカラーリングでありながら、メタリックな光沢を持っているのでビジネスやプライベートの場でも空間に馴染むことは必至です。

●機能
AtermWM3800Rの仕様は以下の通りです。

連続通信……8時間
連続待ち受け……20時間
待機時間……250時間

このようにモバイルWi-Fiルーターとして十分過ぎるバッテリー容量であるため、外出先でも難なく使用することができます。
AtermWM3800Rにはスマートフォンへの給電機能が搭載されています。
これはUSBケーブルを介したものなため、手持ちの機種によっては利用できない場合がありますが、市場に出回っている9割以上のスマートフォンで利用できるとのことです。
また、無料で「Atrem WiMAX TOOL」というアプリをダウンロードすることができます。
このアプリを使えばスマートフォンからAtermWM3800Rを操作することができ、電波状況や電池残量を確認することができるだけでなく、インターネットの接続切り替えもスマートフォンで操作することができるようになるので利便性に長けます。

スリムボディが魅力! URoad-Aero

2013年7月19日 08:54 / カテゴリ:[ Wi-Fiルーター比較 ]

業界トップクラスの薄さと軽さを兼ね備えているだけでなくバッテリー容量も十二分というまさに「モバイルルーター」と呼ぶのにふさわしいモバイルWi-Fiルーターが登場しました。
その名もURoad-Aero

このモバイルルーターはWiMAX回線の雄であるUQ WiMAXの新商品であり、同社の強力な通信規格であるWiMAXハイパワーを利用することができます。
利便性に長けるルーターであり、単純に高速無線LANを利用することが可能なだけでなく、多くの人がモバイルルーターに望んでいることを実現するスペックを持っています。

URoad-Aeroの特徴

●外観
URoad-AeroのサイズはW106×D63.8×H8.4㎜とかなり小さく、業界トップクラスの薄さを実現しているだけでなく、重さは約74gと業界トップクラスの軽さも実現しています。
そのためPCやスマートフォンと一緒に持ち運ぶ際でも邪魔になることは一切ないことから多くの人から支持されています。
デザインはたとえるなら丸み帯びた名刺で、カラーリングは白、黒、赤、青とバリエーション豊かなので男女問わず使う人を選びません。

●機能
URoad-Aeroの仕様は以下の通りです。

連続通信……12時間
連続待ち受け……20時間
待機時間……1000時間

このように大容量のバッテリーを持っているため、連日の使用にも難なく耐えることができますし、バッテリーの消耗を気にしながらインターネットを使用する必要もまったくありません。
このURoad-Aeroにはモバイルルータ初となるタイマー予約機能「Aeroモード」を搭載しています。
これは提携スマホアプリの「URoad Magic」から設定することで、ルータ本体を取り出さなくても自動で休止から起動/起動から休止への移行が可能となる画期的な機能です。
この機能を駆使することで公衆無線LANに対応しWiMAXエリアだけでなく、公衆無線LANエリアでも使えるようになるので空港や駅でも快適にインターネットを利用できるようになります。

高速通信に特化! ULTRA WiFi 4G 102HW

2013年7月19日 07:12 / カテゴリ:[ Wi-Fiルーター比較 ]

ソフトバンクモバイルは高速通信が可能となるモバイルWi-Fiルーターを数多くリリースしており、昨年末には現状最高峰の速度を誇るモバイルWi-Fiルーターが登場しました。
その名もULTRA WiFi 4G 102HW

このモバイルルーターはソフトバンク社が設けているSoftBank 4G――つまり、LTEに対応しているルーターで、通信速度が最速で下り110Mbpsというかなりの速度を誇っています。
この下り速度は現行のモバイルWi-Fiルーターの中でも群を抜いて早いです。
勿論、ソフトバンクの提供なのでソフトバンクWi-Fiスポットでも難なく利用することができます。

ULTRA WiFi 4G 102HWの特徴

●外観
ULTRA WiFi 4G 102HWのサイズはW104.8×D15.5×H66㎜とモバイルWi-Fiルーターとしては標準的(やや大きめ)なサイズです。
これは小振りなスマートフォンと大体同じなので、ポケットに入れても目立つことはなくシルエットが崩れることもありません。
デザインはシンプルな黒一色でボタンの数も少なく、またそのそばには名称が書かれているのでビジネスの場でもプライベートの場でも使いづらさを感じることはありません。

●機能
ULTRA WiFi 4G 102HWの仕様は以下の通りです。

連続通信……7.5時間~8時間
連続待ち受け……18時間
待機時間……400時間

このように外出先でも利用も難なく行える仕様となっているため、モバイルルーターとしての能力は十二分にあります。
ULTRA WiFi 4G 102HWはLTE回線もWi-Fi回線も難なく利用することができるので使う場所を選びにくいという特徴があります。
また、オプションサービスとして公衆無線LANや自宅・オフィスの無線LANに接続してインターネットを利用する「インターネットWi-Fi」機能を搭載しています。

お得がたくさん! 楽天スーパーWi-Fi

2013年7月12日 06:56 / カテゴリ:[ Wi-Fiルーター比較 ]

国内最大手の通販サイト、楽天が通信業界にも着手して業界最先端のモバイルWi-Fiルーターをリリースしました。
その名も楽天スーパーWi-Fiです。

このルーターは通信回線業界の大手であるイー・モバイルの回線を利用しているので、帯域が狭いということもなければ、通信速度が遅いということもありません。
むしろ、帯域も通信速度もともに優れており、老若男女問わず多くのユーザーから利用されています。

楽天スーパーWi-Fiの特徴

●外観
楽天スーパーWi-FiのサイズはW102×D66×H14.5㎜と業界の中でもかなり小さい部類に入ります。
また、重さも140gと軽いため、持ち運びの際に不便になることはありません。
そのため、男女問わずスーツやジャケットのポケットに入れてもシルエットが乱れることがないため、多くのビジネスマンやOLに好まれています。

●機能
楽天スーパーWi-Fiの使用は以下の通りです。

連続通信……10時間
連続待ち受け……20時間
待機時間……380時間

このように外出先での利用も難なく行える仕様となっているため、モバイルルーターとしての能力は十二分にあります。
楽天スーパーWi-FiはLTE回線を利用することが可能であり、これがスーパーWi-Fiと言われる由縁です。
LTEはWiMAXとは違い通信規制があったり利用可能エリアがまだ十分に整っていないというデメリットがありますが、それらすべてを上回るメリットとして現状最高速度の通信速度でインターネットを利用できるというものがあります。
普通、PCでLTE回線を利用するにはLTE対応スマートフォンのテザリングが必要になってきますが、この楽天Wi-Fiだとその必要がないのでより気軽にLTE回線を利用することができるのです。

●オプション
この楽天スーパーWi-Fiの契約時、楽天カードも一緒に契約することで利便性を向上させることができます。
楽天カードとは通販サイト楽天でのネットショッピングを快適に行うことができるクレジットカードです。
このカードがあることでスーパーWi-Fiの月々の利用料金をカードの指定口座から引き落としにすることが可能になるだけでなく、支払いもカードで行うことができます。
また、一緒に契約することで5000ポイントもの大量の楽天ポイントを獲得することができるだけでなく、電子書籍リーダーのkoboやニンテンドー3DSを貰うこともできます。
このようなオプションに優れているモバイルルーターは楽天のスーパーWi-Fiだけです。

楽天スーパーWiFiについてはこちらの『楽天スーパーWiFi※LTE対応高速モバイルWiFi』で詳しく紹介されていますので参考にしてください。

次のページ »

Copyright ©2013-2014 WiFiルーター比較特集 All Rights Reserved.